MENU

薄毛の効果的な治療方法と期間

年を重ねたり、ストレス、遺伝などによって薄毛は発症してしてしまいます。

 

とくに男性ホルモンが原因で起こる男性型脱毛症は、放っておくとどんどん薄毛が進行してしまう進行性の脱毛症です。男性型脱毛症の治療を行なうには、男性型脱毛症を専門としているクリニックに行き治療することが最も効果的な治療方法になります。

 

専門的なクリニックに行くことで、原因である男性ホルモンの働きを抑制する効果のある薬や血行を良くして髪の毛を発毛させる薬などを処方してもらうことができます。
これらの治療を早期の段階で始めることによって、より高い効果と残っている髪を保護することができるようになるのです。

 

また、薄毛を治すためには薬だけではなく、生活習慣などを見直していくことも重要です。

 

髪の毛の成長する夜10〜2時の間にしっかりと睡眠をとることを始め、頭皮環境を良くするために市販の洗浄成分の強いシャンプーではなく、低刺激なシャンプーや育毛効果のあるシャンプーを使って正しい洗い方をするのと同時に、頭皮マッサージを行なって血行を良くすることで髪に栄養が運ばれやすくなり発毛へと繋がります。やり方としては、たっぷりのお湯で頭皮を濡らしていき、シャンプーは直接薬剤を頭皮につけずにたっぷりの泡で優しく洗っていきます。

 

指の腹で優しくマッサージをしていくとより発毛や育毛に効果的です。髪を乾かす時も頭皮を乾燥させないように気をつけます。

 

食事も、髪の毛の材料となるタンパク質や髪の毛を作る亜鉛、亜鉛の吸収率を良くするビタミンCなどを意識しながら、頭皮の皮脂を多く分泌させてしまう脂質や糖質をなるべく控えめにしてバランスよく栄養を摂ることのできる食事がおすすめです。

 

薄毛として最近増えているものには、AGAという男性ホルモンの影響によって引き起こされる男性型脱毛症があります。

 

AGAの場合には男性ホルモンが関係していることから、一般的な薄毛の改善策として生活習慣や食生活を見直すことや、育毛剤の使用を行ったとしても、改善されないことが考えられます。

 

AGA対策としては、薄毛の原因となる男性ホルモンと還元酵素が結合する作用を阻害できるプロペシアなどの医薬品が開発されており、日本の医療機関でも処方が受けられます。

 

プロペシアにはフィナステリドが配合されており、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたものでしたが、現在ではAGA治療薬として認知されています。
世界中の60か国ですでに承認されている医薬品で、2005年には日本の厚生労働量の認可を受けています。

 

プロペシアを服用してAGA治療を行うためには、毎日継続して服用する必要があり、目安の治療期間としては6か月間となります。

 

途中で服用を止めてしまったときには、再び薄毛の症状が進行してしまうことになりますので、半年間は毎日1錠ずつ服用しなければ効果を得ることができません。
m字はげ治療
プロペシアの処方以外にも、薄毛に関する治療をクリニックで受けたときには、自由診療に該当する医療となることから、健康保険が適用されません。

 

そのために事前にどの程度の費用がかかるのか、しっかりと質問をしておいて確認しておくことが大切です。プロペシアを服用する治療を行った場合には、費用として1か月あたりにつき1万円ほどかかるのが目安と言われています。

更新履歴